ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ>心臓のポンプ、1回拍出量
TrustWorkout中目黒ブログ

心臓のポンプ、1回拍出量

久しぶりの更新となりました。

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは、「1回拍出量」です。

心臓のポンプとしての能力を示す指標の一つです。

心臓が1回の拍動(収縮)によって送り出す血液の量をmlで表示します。

1回の拍出量は安静時には60~80mlですが、激しい運動を行うと

エネルギー源や酸素の供給のために、ポンプとしての役割を持つ心臓は、

1回拍出量と心拍数を増加させます。

循環には二つあり、肺循環と体循環があります。

肺循環は心臓→肺動脈→肺→肺静脈→心臓の一連の流れで、一周する時間は

約3~4秒です。

体循環は心臓→大動脈→動脈→毛細血管→静脈→大静脈→心臓の一連の流れで

一周する時間は約20秒です。

人間の血管をすべてつなげると約10万キロの長さになると言われています。地球の円周は

約4万キロなので、2周半と同じくらいの長さになります。

この長さを体循環、肺循環で血液循環がされているわけでです。

因みに血液が全身を一巡りする時間は約1分間と言われています。

10万キロの血管を1分間で一巡りすることを考えると、もはや新幹線はおろか戦闘機以上の速さですね…

さらに、その1分間の間に人間の体は1日に最大10トンもの血液を送りだしていると言われており、

尚且つ酸素、栄養、水分などを細胞に運び、細胞から出された二酸化炭素や老廃物を取って、

尿などとし、体外に運び出す作業を行っています。

凄い仕事量ですね!まさにスーパーコンピューター「京」ですね!

さらに、心臓はガンにならない臓器とも言われており、その理由は2つ存在しています。

一つはは心臓では細胞増殖が起こらないということ。これはガンは細胞が増殖する場合のエラーで

起こるためです。

もう一つの理由は、心臓の温度が40度近くになると言うことです。ガンは高温に弱く、40度では

ガンが死滅してしまうからです。

この二つの理由により、心臓はガンにならないのです。

いかがでしたでしょうか?

心臓の働きはすごいものがありますね!

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/399

ページ上部へ