ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ>2017年8月

2017年8月

ウエイト・トレーニング原則の1つ、「ウエイト減少法」

皆さん、こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

9月より当店新着情報にて新プランの発表をいたしますので、

9月1日に御拝見いただければ幸いです。

今回のテーマですが、「ウエイト減少法」です。別名、ストリッピング法、マルチパウンデッド法、

ディセンディングセット法、ドロップセット法ともいいます。かなり多いですね

理由としては名前を聞いただけで追い込まれるイメージがあり、会員様が予測しやすいからです笑

必ず二人のパートナーが必要で、レップ(回数)が限界に達したら両側のプレートを減らし、

2~3レップ追加して強度を高める方法です。

このトレーニングは頻繁的に行うとオーバートレーニングになりやすいため、

筋肥大期に行うことをおススメいたします。

やる気があるときやモチベーションが高まっているときに行うと効果的です。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ボディビル界の最大の功績者、ジョー・ウイダーのトレーニング原則

みなさん、

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

かなり久しぶりの更新となってしまいました…

本日よりできる限り更新を続けていきたいと思います。

本日のテーマは「ウイダー・トレーニング原則」です。

タイトルにもあるように、ボディビル界で輝かしい功績を残したジョー・ウイダーによって

作られたトレーニング原則の総称です。

トレーニング法には、ピークコントラクション法、チーティング・トレーニング法、フォーストレップ法があります。

ピークコントラクションとは、最大限収縮した状態をキープした状態をいいます。

数秒キープすることによって筋肉へ最大限の刺激を与えることができます。

 

チーティング・トレーニング法とは、重量の重いものを持ち上げようとした際に、

反動や動作を大きく使い、行う方法です。

この方法は目的以外の筋肉も使い、効果が薄れてしまう可能性があるため、

フォームや目的の筋肉にしっかり意識できる上級者向けのトレーニング方法です。

 

最後に、フォーストレップ法とは、ベンチプレスなどで、10RMギリギリ自分で上げれるところから、

11回目以降、補助者が補助を入れながら自分が持っている筋肉を限界以上に行う方法です。

この方法をすることによってベンチプレスのMAXが最大限効果を発揮いたします。

 

 

 

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ページ上部へ