ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ

TrustWorkout中目黒ブログ

パフォーマンスに左右するイメージトレーニング

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今日は暖かい日となり、ようやく春の日差しが出てきた感じがありますね!

今回のテーマは「イメージ・トレーニング」です。

やっているようでやっていない人が多いのではないでしょうか?

イメージトレーニングは実際に体を動かして行う練習に対して、心の中で運動を

練習です。

特定の動作や技術を身につけるために必要となる神経の回路は、

その動作のイメージが鮮明であるほど活性化されると言われています。

実際に体を動かしたときも、イメージの中で体を動かしたときも、

イメージ・トレーニングによって運動や技のイメージを心の中で鮮明に

繰り返せば、実際に体を動かすのと同じような効果が得られます。

メンタル・リハーサルとも言われています。

具体的な流れは、

1、静止画のイメージを思い描く

2、そのイメージに色をつける

3、輪郭を鮮明にしていく

4、イメージを動かしてみる

5、動きのスピードをあげる

などを順々に追ってイメージをクリアしながら、コントロールしていきます。

いつでも、すぐに自分の理想とするイメージが思い描けるようにトレーニングします。

これは体を鍛えるときも重要で、ただ単にトレーニングをするだけではなく、

自分の理想のカラダや憧れの人がいればその憧れの体型をイメージしながら

トレーニングを行うだけでも理想のカラダに近づける可能性が高くなります。

今もしトレーニングをされている方で何もイメージされていなかった方は、

最低でも3か月間はイメージ・トレーニングを行うのをおススメいたします!

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

 

 

脳への栄養補給、神経を正常に保つのに重要なイノシトール

今回のテーマは「イノシトール」です。

ビタミン群に属する水溶性のビタミンです。

細胞膜を構成するリン脂質の成分で、神経細胞の膜に特に多く含まれています。

脳細胞への栄養補給や、神経を正常に保つ上で最も重要な役割を果たしています。

それ以外にも、脂肪の流れを促し、肝臓に脂肪が溜まらないように働いています。

コレステロールの流れもよくするので、動脈硬化の予防にも期待されています。

この他にも毛髪を健康に保ち、湿疹を予防する働きもあります。

体内でも合成されますが、食事からはオレンジ・すいかなどに多く含まれているので、

食事からも十分に供給する必要があります。

トレーニングをハードに行った際やお酒を多く飲んだ際に、摂取すると良いです。

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

人間の基本単位、遺伝子!!

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

もうすぐで4月になりますが、まだまだ寒い日が続きますね。

皆様もこの時期、身体を壊さないように、体調にはご自愛くださいませ!

さて、今回のテーマですが、「遺伝子」になります。

人を構成する基本単位で、細胞分裂によって、ある遺伝情報を親から子へと

伝えるところの基本的単位になります。

遺伝子の化学的本体はデオキシリボ核酸(DNA)で、アデニン、グアニン、

シトシン、チミンの4種類の塩基の配列によって親から子へ代々継承されていきます。

遺伝子の機能はDNAからRNA(転写産物)に情報が写し取られる現象であり、

mRNAの情報を基にタンパク質が合成される過程のことをいいます。

この過程をセントラルドグマとも呼ばれます。

この遺伝子を人工的に組み換えて、成長過程や機能を操作した農作物などを

遺伝子組み換え食品といいます。

遺伝子の組み換え実験は、

P1:一般的実験室

P2:病原性を扱うような実験室

P3:バイオクリーンルーム

P4:遺伝子組み換え対象生物に触れずに実験できる実験室

というランク付けがされています。

トレーニングにおいての遺伝的特徴としては、

筋タイプがあります。

筋タイプは、

タイプ1:全身持久力に優れている筋肉

タイプⅡa:筋持久力に優れている筋肉

タイプⅡb:瞬発力に優れている筋肉

上記に分けれれ、遺伝的要因で鍛えていてもその人にとって向き不向きが

あります。

トレーニングを始められる方はパーソナルトレーナーの方にどの筋タイプに優れているか

テストしていただくのも評価の一つとして良いと思います。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

酸素不足による一酸化炭素中毒

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

久しぶりの更新となりました。

今回のテーマは「一酸化炭素中毒」についてです。

イメージでは車の中や閉鎖空間で起こりうる症状と思われがちですが、

一酸化炭素が体内に入って起こる酸素が不足する中毒症状です。

通常、呼吸によって体内に入ってきた酸素は、体内の物質代謝の過程で

炭素と結びつき、二酸化炭素となり体外へ排出されます。

この二酸化炭素は体内では血液中の酸素やヘモグロビンと協調的に働きますが、

何らかの理由で酸素がひとつ不足している一酸化炭素が体内に入ると、血液中の赤血球に

含まれるヘモグロビンと強力に結びつき、容易には離れません。

そのためにヘモグロビンとの酸素運搬機能がうまく作用するので、酸素不足により、

中毒となってしまいます。

急性期においては、めまい、吐き気、頭痛、運動麻痺などの症状がみられ、脳障害の後遺症が

残る場合があります。

空気中0.02~0.03では2~3時間で軽い中毒症状、

0.04~0.08では1時間で頭痛、倦怠、めまいなどの症状、

0.3%では30分に生命に危険を及ぼします。

 

運動時には十分な環境と換気が重要となります。

 

当店のサービス内容

パーソナルトレーニング

3ヶ月集中ダイエットコース

加圧トレーニング

20151018172355.jpg

201511615451.jpg

 

理想のカラダづくり専門店

Trust Workout中目黒 

代表取締役:森 智裕

E-mail:info@trust-workout-nakameguro.com

TEL :03-3715-2808

URL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2-7-4 

コートモデリア中目黒 デザイナーズ店舗102号

 

心臓のポンプ、1回拍出量

久しぶりの更新となりました。

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは、「1回拍出量」です。

心臓のポンプとしての能力を示す指標の一つです。

心臓が1回の拍動(収縮)によって送り出す血液の量をmlで表示します。

1回の拍出量は安静時には60~80mlですが、激しい運動を行うと

エネルギー源や酸素の供給のために、ポンプとしての役割を持つ心臓は、

1回拍出量と心拍数を増加させます。

循環には二つあり、肺循環と体循環があります。

肺循環は心臓→肺動脈→肺→肺静脈→心臓の一連の流れで、一周する時間は

約3~4秒です。

体循環は心臓→大動脈→動脈→毛細血管→静脈→大静脈→心臓の一連の流れで

一周する時間は約20秒です。

人間の血管をすべてつなげると約10万キロの長さになると言われています。地球の円周は

約4万キロなので、2周半と同じくらいの長さになります。

この長さを体循環、肺循環で血液循環がされているわけでです。

因みに血液が全身を一巡りする時間は約1分間と言われています。

10万キロの血管を1分間で一巡りすることを考えると、もはや新幹線はおろか戦闘機以上の速さですね…

さらに、その1分間の間に人間の体は1日に最大10トンもの血液を送りだしていると言われており、

尚且つ酸素、栄養、水分などを細胞に運び、細胞から出された二酸化炭素や老廃物を取って、

尿などとし、体外に運び出す作業を行っています。

凄い仕事量ですね!まさにスーパーコンピューター「京」ですね!

さらに、心臓はガンにならない臓器とも言われており、その理由は2つ存在しています。

一つはは心臓では細胞増殖が起こらないということ。これはガンは細胞が増殖する場合のエラーで

起こるためです。

もう一つの理由は、心臓の温度が40度近くになると言うことです。ガンは高温に弱く、40度では

ガンが死滅してしまうからです。

この二つの理由により、心臓はガンにならないのです。

いかがでしたでしょうか?

心臓の働きはすごいものがありますね!

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

痛みのゲート・コントロール理論

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

久しぶりの更新になります!

今回のテーマは「痛みのゲート・コントロール理論」です。

難しい言葉ではありますが、現在確立されたものではなく、

Patrick D.WallとRonald Melzackが1965年に提唱した疼痛抑制に

関する一説の理論となります。よく皆さんも小指を箪笥の角にぶつけた

際に、咄嗟にその周りの皮膚やぶつけた箇所を撫でることがあると思います。

そうすると、気持ち的に痛みが和らいだ経験はないでしょうか?この現象が

「痛みのゲート・コントロール理論」と言われるものになります。脊髄の後角の

神経機構がゲートとして働き、末梢神経から中枢神経へ伝わる神経のインパルスの

流入を増減させると説で、ゲートに先にたどり着いたインパルスはほかのインパルスに

対してゲートを閉じます。痛覚のインパルスは伝達の遅い細い神経線維で伝わるため、

太い神経で早く伝わる触覚等などの他のインパルスの伝達によりゲートを閉じられます。

この理論は、鍼灸、指圧、温感、冷感による鎮痛療法の一説が説明されています。

 

当店のサービス内容

パーソナルトレーニング

3ヶ月集中ダイエットコース

加圧トレーニング

20151018172355.jpg

201511615451.jpg

 

理想のカラダづくり専門店

Trust Workout中目黒 

代表取締役:森 智裕

E-mail:info@trust-workout-nakameguro.com

TEL :03-3715-2808

URL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2-7-4 

コートモデリア中目黒 デザイナーズ店舗102号

必須アミノ酸の一つ、イソロイシン!

必須アミノ酸で、筋繊維のエネルギー源として利用されやすい分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つです。

タンパク質の分解を抑制すると同時に合成促進するため、筋量増加に役立つアミノ酸です。

イソロイシンの作用

・成長促進

・神経機能の増加

・血管拡張

・血糖値の上昇を抑制

子牛肉、鶏肉、鮭、牛乳などに含まれます。

*効率よく摂取するためには消化・吸収に優れたサプリメントがおすすめです。

治療分野

肝硬変患者の低アルブミン血症の治療薬にも配合されています。

スポーツにおけるイソロイシン

BCAAは人間の筋肉タンパク中に約35%含まれており、

運動時のスタミナの維持・筋肉量の維持に効果があります。

イソロイシンの摂取の目安

成人では1日当たり体重1kgに対して20mgの摂取が必要とされており、

最低でも1人あたり1日0.5~0.7gは必要だと考えられています。

 

このようにイソロイシンは運動における重要な栄養素の一つです。

トレーニングをされている方や運動をされている方には必要不可欠の

栄養素となりますので、食事やサプリメントで摂るようにしていきましょう!

 

 

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

腸内環境を整えるイソマルトオリゴ糖

今回のテーマはイソマルトオリゴ糖です

オリゴ糖の一種で、広く食品に使用されています。

酵母酵素に分解されないので、発行食品のみそやしょうゆ、蜂蜜などに含まれています。

甘味は砂糖の約半分です。人の消化酵素で分解されにくく、ビフィズス菌などの善玉菌を増やし、

腸内環境を整える働きがあります。

イソマルトオリゴ糖の効果

・免疫機能を高める

・花粉症やアトピーなどのアレルギーにも効果がある

・虫歯になりにく

・熱に強い

デメリット

・胃酸や酵素の影響を受けやすい

・安価の場合、加工されている場合がある

・オリゴ糖自体の今有量が極端に低い

 

健康的な食品はたくさんありますが、それぞれにもメリット、デメリットどちらも存在します。

自分に合った食品を選ぶことが重要となりますので、

興味がある食品はまずメリット、デメリットを確認して摂り方をしっかりと確認すると良いと思います!

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

カルシウムの働きに役立つイソフラボン

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは、イソフラボンです。

植物に含まれているフラボノイドの一種。

大豆の胚芽部分に多く含まれている成分です。

働き

・骨のカルシウムの流出を防ぐ。

・補給したカルシウムを逃さない

予防効果

・骨粗鬆症の、予防

・循環器系障害の予防に有用とされている

・乳がん、前立腺がん予防に有用とされている

・更年期障害

・2型糖尿病

また、大豆イソフラボンでは、女性ホルモン「エストロゲン」の活用をもって

いると言われており、美肌効果もあると言われております。

摂取量は1日に体重1kg当たり2.05mgから4.5mg、1日の

上限は30mgまでが目安とされています。

イソフラボンは甲状腺へのヨウ素の取り組みを阻害する作用があるため、

ヨウ素欠乏の状態で大豆製品を過剰に摂取したり、イソフラボンを過剰に

摂取すると、甲状腺肥大をもたらす可能性があると言われております。

ヨウ素は日本では海藻類に含まれていますが、内陸国などのアメリカ、

スイス、カナダ、中国などの国ではヨウ素の摂取が難しいため、

有効な研究

厚生労働省研究班による大規模なコホート研究では、

イソフラボンの摂取量が多いほど乳がん、脳梗塞、心筋梗塞、前立腺がんの

リスクが低下するという相関関係がみられました。

順天堂大学の研究によれば、納豆の摂取頻度と月経状態・月経随伴症状は

有意の関係があり、摂取頻度の増加は症状を軽減させている可能性が

あると言われています。

また、バストアップにも有効な成分ともされています。


 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

機能低下で起こる萎縮

一週間の始まりの月曜日ですね!

 

今回のテーマですが、「萎縮」です

すでに発育完了している組織や器官が、ある理由によりその容積や数が減ったり、

その機能が低下する状態をいいます。

主に病気(疾患)や外傷の結果として生じ、萎縮の形式により、実質細胞の縮小による

単純萎縮と実質細胞数の減少による数的萎縮に分類されます。

萎縮の原因として分類されるものは。加齢などによる生理的な原因とする生理的萎縮・

栄養不足を原因とする栄養障害性萎縮、神経障害を原因とする神経性萎縮、持続的な圧迫とを

原因とする圧迫性萎縮、活動の停止や制限を原因とする不使用性萎縮。ホルモンの欠如や不足を

原因とする内分泌性萎縮、局所の貧血を原因とする貧血性萎縮に分類されます。

萎縮に対して、正常な臓器や組織が容積まで達しない場合を低形成あるいは形成不全、まったく発育しない場合を

無発生といいます。

スポーツに関係が深いものでは「廃用性萎縮」があり、これは体の筋肉や骨を使わないでいると、

が細くなったり、骨のカルシウム含量が低下したりするというものです。

これは外傷後にギプス固定したときなどにみられ、予防するためには。適度なスポーツ活動を

行うことが大切です。このほか、宇宙飛行士が無重力状態で生活した時にもみられることがあります。

 

関連疾患

・窩洞

・筋ジストロフィー

・退縮

・平山病

萎縮性胃炎

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ページ上部へ