ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ

TrustWorkout中目黒ブログ

筋線維にシナプス結合する神経、運動神経

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

先週の雨が続き、天候が回復したと思ったら本日も雨ですね…

体調はやっぱり晴れている方が心身ともに元気になれますね!

今回のテーマは「運動神経」です。

よく言われるのは、何かスポーツしたり、球技などのときに、

あの人「運動神経が良い!」と言ったりしますね!

広義的には、運動機能に関わる神経のことを言いますが、

具体的な構造としての運動神経は、筋肉を直接支配している神経、

すなわち筋線維にシナプス結合する神経のことをいいます。

なお、筋肉にもいくつかの種類がありますが、一般的には骨格筋を

支配する神経と定義されております。

脊髄前角のα神経細胞から発する神経のことをいいます。

これは専門用語では、α運動ニューロン、シナプスといいます。

この運動神経は、デイサービスセンターで行う後出しジャンケンや

レスポンストレーニングによって反応を良くすることができます。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

健康を維持させるために必要とされる運動所要量

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

昨日は暖かい風で過ごしやすかったですが、今日の気温はかなり

冷え込んでいますね!昨日暖かったので、本日薄着にしてしまい、

失敗してしまいました(汗)

今回のテーマは「運動所要量」です。

 健康を維持するために必要とされる運動量。厚生労働省では、

中高年の生活習慣予防を目的に、日常生活の中に運動習慣を定着させるため

平成元年に「健康づくりのための運動所要量」を策定しています。

この運動所要量を利用する際の注意事項としては、

①1日の運動持続時間が10分以上

②1日の運動合計時間は20分以上

③原則として毎日行う

④過度の運動強度・時間はかえって健康を害することがあるので注意する

⑤疾病にかかっている疾病の危険因子を持っている人、日常の

生活活動強度が著しく低い人が行う際は、医師の指導のもとに行う、などが

上げられます。

◆健康づくりのための運動所要量

年齢階層 30代 40代 50代 60代
1週間の合計運動時間 170分 160分 150分 140分
目標心拍数(拍/分) 125 120 115 110

(注)目標心拍数は、安静時心拍数が概ね70拍/分である平均的な人が50%に相当する強度の

運動をした場合の心拍数を示すものです。

これから寒い時期になりますが、「健康づくりのための運動所要量」を目標に日常生活の

活動量を行っていく1つの指標にしていただければと思います。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

運動指導者が行う運動処方

皆さん、こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

出勤の際台風は大丈夫でしたでしょうか?昨日の大雨は嘘のように今日の天気は

さて、今回のテーマですが、「運動処方」になります。

運動する人の健康状態、メディカルチェック、体力などを考慮して、運動指導者が運動の種類、強度、時間、

頻度を決めることを運動処方といいます。運動処方なしにトレーニングを始めると、目的の効果が得られなかったり、

事故やケガ、オーバー・トレーニングが発生したりする危険性が高くなります。

 安全で、効果的で、楽しい運動、この基本を踏まえ運動処方をすることが大切です。

また、指導者は安全のために、

①参加者の健康状態を確認する。

②参加者に適切な運動と強度・時間・頻度を指導する。

③運動中に発生する可能性のある病的症状について知識を得ておく

④万が一の事故に備える応急処置の体制を整えておく

⑤運動障害を招くような動きの反復を避ける

⑥運動者に運動障害を予防するトレーニングやストレッチングへの理解を促し、実践する

⑦運動障害の早期発見、早期治療を可能にするため、運動障害についての知識を深める

という点に留意しなければなりません。

当店のパーソナルトレーナーは救命救急法救急員を受講し、

日々トレーナーの勉強会やセミナーを定期的に開催しております。

パーソナルトレーナーとして効果を出すのはもちろん、安全・安心のある環境・施設づくりを

日々心掛けております。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

オーバーワークによる運動障害

こんにちは、中目黒のパーソナルトレーニングジム、

トラストワークアウト中目黒の森です。

本日も雨が1日続きますね…

明日から台風とのことなので、通勤の際は余裕を持って家を出ることをおススメいたします。

今回のテーマは「運動障害」です。

今回のテーマにおける運動障害は、運動中に突発的に発生した事故によるけがではなく、

過剰な運動をつづけたことによっておこる慢性的な障害のことです。

傷めることの多い組織は、骨格筋・骨・軟骨・靭帯・神経で、具体的な運動障害として、筋肉痛、

疲労骨折、骨膜炎、靭帯炎、腰痛、末梢神経などがあります。

痛めた後の治療・回復は、その組織によって非常に差があるのが特徴です。

 運動障害を起こす要因は、個体の要因(性別、年齢、体力レベルなど)、

方法の要因(運動の質、種類、運動量など)、

環境の要因(天候、水温、靴、用具など)の3つと言われています。

特にトレーニング中に起きる要因としては、方法の要因や個体の要因が多いです。

重量を無理な姿勢で上げた場合やトレーニングフォームが崩れた状態での

結合組織の負担、自己流トレーニングによるトレーニング方法の間違いなどがあります。

ケガをしては回復に時間がかかるだけではなく、日常生活の支障にもなるので、

必ず無理のない範囲で、トレーニング方法がわからない場合は、無理して行わず、

必ずプロのトレーナーを付けることをおススメいたします。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

協調運動がうまくできない、運動失調

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「運動失調」です。

運動失調は、個々の筋肉に麻痺はなく、筋肉にも異常がないにも関わらず、

その協調運動がうまくできないため、複雑な運動を上手に行うことができない状態をいいます。

通常の運動は、数個の筋の協調のもとに行われる複雑なもので、これは筋覚、関節感覚などの

深部知覚、小脳、大脳、眼、前庭器官などの神経作用により調節されています。

運動失調は、その責任病巣により、脊髄性、小脳性、大脳性、迷路性失調症の4つに大別されます。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

運動後に増える運動後過剰酸素消費(EPOC)

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「運動後過剰酸素消費」です。

一般的に、運動終了後は安静時よりも酸素摂取量が一定時間増えます。

運動後に増えた酸素摂取量と運動前(安静時)の酸素摂取量の差を、運動後過剰酸素消費

(EPOC)、または酸素負債といいます。

EPOCは身体を運動前の状態に回復させるために必要であり、安静時以上の酸素摂取量が

必要となります。

酸素摂取量が増える分エネルギー消費も大きくなるため、ダイエットを目的としている方は、

午前中に筋力トレーニングや有酸素運動を行うことをおススメいたします。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

 

エネルギー機構に関わる運動継続時間

みんさん、こんにちは

トラストワークアウト中目黒の森です。

今週はずっと雨が続き、気温もかなり下がるそうですね…

皆さんご存知でしょうか?夏よりも冬の方が基礎代謝が上がりやすく、筋肉も付き、且つ

脂肪燃焼しやすい時期が冬なのです。

このタイミングでカラダづくりのプロは増量期に入る方が多いです。

そのため、体を大きくしたい、体脂肪率を落としたいという方は今の時期に行うと、

比較的効果が夏よりも高くなりやすいです。もちろん食事や運動のバランス、生活環境にも

よって異なりますが、今のタイミングが一番効率的です。

話は変わってしまいましたが、本日のテーマは「運動継続時間」です。

運動はその持続時間によって費やされるエネルギーの供給機構が変化します。

8秒以内の運動では、無酸素でATPの再合成が可能なATP-CP系が中心となります。

きわめて短時間ですが、多量のエネルギーできるために、瞬発的に大きな力を発揮する運動が可能です。

8秒~3分程度の運動では、無酸素性の二つの機構、ATP-CPおよび解糖系が中心になります。

解糖系では、ATP-CP系に次いで多くのエネルギー合成の際に、ATP再合成を阻害する物質である乳酸を産生してしまうため、

ある程度の時間でエネルギー産生がストップしてしまいます。

3分以上の運動では、有酸素性機構が中心になります。上記ふたつの機構に比べて時間あたりのエネルギー量は少ないながら、

長時間にわたってエネルギー供給ができるため、マラソンなどの持久的運動が可能となります。

このエネルギー機構を覚えておくことによって、自分がなりたい身体、目標としている身体になるために非常に重要となってきますので、

コンセプトに合わせてエネルギー機構を選んでいきましょう!

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

 

運動を行う時に重要な運動強度

皆さん、こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今月初の更新となってしまいました…

今回のテーマは「運動強度」です。

運動の処方あるいは指導を行う時には、どの程度の強さの運動を、

どのくらいの時間(持続時間や頻度)を行うかという条件を考慮

しなければなりません。この時の「どの程度の強さの運動」という条件が

運動強度です。

運動強度は単位時間あたりの運動量で表されますが、これに運動時間を

かけると、「総運動量」が算出されます。実際のトレーニングの目安としては、

①心拍数、②パーセント最大酸素摂取量(%CO2max)、

③主観的運動強度(RPE)、④エネルギー代謝率(RMR)、⑤メッツ(METS)

⑥荷過負荷(%1RM)などが用いられます。

また運動強度は筋肉をつける目的(筋肥大・筋持久力)などによっても
異なってくるので、しっかりとした目的をもって行うことが、

効果的な方法となります。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

トレーニングする上で重要な運動:休息比

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

最近朝や夜は徐々に冷たい風が吹き始めて来ましたね。

夏から秋になっていく感じが出てきましたので、温度差で体調を崩さないよう

皆様も気をつけてくださいませ。

さて、本日のテーマは「運動:休息比」です。

インターバル・トレーニングにおける運動に対する休息の時間の比率を指します、たとえば、

40mのランニングではこの比は1:5~1:6になります。

また、400mの場合にはこの比率は1:3~1:4になります。インターバル・トレーニングの目的は

ATP-CP系、解答系、有酸素系のエネルギーを強化することにあるので、持久力の強化を図る

場合は回復のための休息時間は短く、パワー系の強化を図る場合は休息インターバルを長くとる

ことが必要です。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

動きを知覚する運動感覚

こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

食べ過ぎた方は最低でも戻すのにいつもより2倍運動を頑張らなければいけないと言われております。

今回のテーマは「運動感覚」です。

広義では、体の位置や形、動きなどを知覚する感覚のことです。

運動中の身体の状態(四肢の配置や運動の方向)がわかるのは、主にこの運動感覚によるものです。

この機能には筋神経や大脳の運動野だけではなく、視覚や平衡感覚などの多角的な感覚を調和させて

行っています。

筋や腱、関節の動きに関しては、パチニ小体という圧覚受容器、筋中の伸展受容器である筋紡錘、腱にある

伸展受容器のコルジ器官、腱紡錘などの働きによって、筋や腱の緊張度、関節の角度などを感受しています。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ページ上部へ