ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ

TrustWorkout中目黒ブログ

ビール太り解消のためのダイエット!

みなさん、こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは、この季節だからこそ飲みたい「ビール!」

お酒は止められないですよね!でもダイエットはしたい…

実はトレーナーも飲み会の時はかなりのお酒を飲みます!

ではなぜ太っていないか?疑問をお持ちの方も多いと思います。

その答えは飲む前と飲んだ後の工夫が必要になります。

そもそもお酒を飲む事によるカラダへの影響は大きく分けて

3つあります。

 

1つ目は食欲を抑制を妨げます。

これは満腹中枢を刺激するために食欲を抑えようと「レプチン」という分泌が出るのですが、

これがお酒によって低下させてしまいます。

よくお酒を飲むとお腹が空いていつも以上に食べてしまいがちですよね!

 

2つ目は筋肉の分解が起きます。

お酒に限らずですが、脳の下垂体前葉ホルモンによる、副腎皮質刺激ホルモンの糖質コルチゾールが

働き、筋肉を分解してしまいます。この現象を「糖新生」といいます。

これは極度の食事制限でも起きますし、ストレスによっても起きると言われています。

むやみに食事制限をしてなかなか体重が落ちない人などの原因は「糖新生」の影響が大きいと

思われます。

 

3つ目は脂質代謝を抑制します。

この現象はアルコールを摂取すると、肝臓に負担がかかりますよね?

肝臓に負担がかかることによって、酸化が進んでしまいます。

その結果、肝臓の働きである、糖代謝、脂質代謝が低下してしまうことにあります。

 

そしたらどうしたらよいのでしょうか?

冒頭前文に記載しているように、飲む前と飲んだ後を気をつければ良いです。

 

飲む前と飲んだ後にした方がよい予防策とは?

 

一番のキーポイントは「タンパク質の摂取とビタミンCとB群の摂取です」

 

なぜタンパク質が必要なのか?

意外かもしれませんが、生命に関わる(寝る、起きる、食べる、喜怒哀楽、運動など)すべての動作に

タンパク質が関わっていると言われております。

簡単にいうと、タンパク質を摂取することによって、身体エネルギーへの動力源になっているのです。

このタンパク質が不足してしまうと、人間のカラダはカラダを休めようと太りやすいカラダへと

なってしまうのです。

そのためにいつもの倍タンパク質を摂取するように心掛けましょう!

体重1kgあたり約2g摂れるようにすると、理想的です。

そこでもう一つ必要になってくるのが、ビタミンの摂取です。

ビタミンCの働きで御伝えすると、タンパク質を合成させます。

合成が出来なくなると、もちろん筋力が落ちますよね?そうすると、消費するエネルギー効率も

悪くなってしまいます。

ビタミンCを多く含む食品は果物になります。

特に、イチゴ、柿、オレンジなどが多く含んでいます。

タンパク質と一緒に摂取するように心掛けましょう!

もう一つビタミンで必要になるのはビタミンB群です。これはタンパク質を分解し、

体内にタンパク質を吸収させる役目があります。

これが不足してしまうと、タンパク質を摂取しても筋肉が作られにくくなってしまいます。

ビタミンB群が多く含まれる食品は鶏胸肉、牛レバー、鰹、ジャガイモなどが多く含まれています。

上記のように話したように、体内でタンパク質は生命が活動するために必要な「主役」になります。

飲み過ぎる人には「タンパク質」がいかに重要かがわかっていただけたかと思います!

運動が苦手な方は飲む際の工夫から始めてみるのもいいかもしれません。

 

理想のカラダづくり専門店

トラストワークアウト中目黒

代表

森 智裕

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ダイエットにも効果的なアルギニン

こんにちは!

 

トラストワークアウト中目黒の竹井です。

 

梅雨もまだ明けず、集中豪雨が多い最近ですが、当ジムのトレーナーは体調も崩さず、元気に指導しています!

 

皆さんも梅雨に負けず、体調を維持できているでしょうか。

 

本日はアルギニンについて記事を書きたいと思います。

 

アルギニンは、11種類ある非必須アミノ酸の1つであり、非必須アミノ酸は体内でほかのアミノ酸から合成する事ができるもののことをいいます。

 

 

アルギニンは、インスリン、グルカゴン、成長ホルモンの分泌を増加させるほか、ケガの回復、コラーゲンの形成、免疫系に対する刺激を促進させる働きがあります。

また。アミノ酸の中でも特に疲労回復に抜群の効果があるとされており、他にもアンチエイジング、脂肪燃焼の効果もあるとされております。

 

生体内で合成されますが、成長期には必要量に生産量が追いつかないため、外部からの摂取が必要です。

 

さけの白子、マグロ、海老などに多く含まれており、ドリンクに含まれているものやサプリメントなどもあります。

 

主に、1日の摂取量は3000mg~6000mgとされており、バランスの良い食事をとれていると摂取できている量となります。

 

良い事続きのアルギニンも摂り過ぎや副作用などもあり注意が必要となります。

下痢や頭痛などが起こる可能性もあり、肝機能や腎機能低下している人は生命の危険にさらされる場合もあるため、サプリメントで摂取する時は気を付けて摂取するようにしましょう!

 

アルギニン含むアミノ酸は、筋の生成に関わる重要な物質ですが、種類が多くなにがとれていないかわかりづらいかと思います。

様々な食品を取りバランス良い食事が大切となります。

アミノ酸についての詳しい記事はこちらをチェック!!

 

当ジムでは、基本的な栄養のほかに細かい部分の指導や相談にものっております。

 

ぜひ、当ジムで一度相談または体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

アルカローシスとは

こんにちは。

トラストワークアウト中目黒の三浦です。

本日はアルカローシスについてお話します。

アルカローシスとは、血液中の酸と塩基との平衡が乱れ、アルカリ側に傾いている状態で高山病で呼吸過多となり二酸化酸素が多く失われたときや嘔吐で胃から大量の塩酸が失われたときなどにみられることです。

この逆をアシドーシスといいます。

一般的には、運動を行うと体液は酸性に傾きやすいのですが、過呼吸になると、体内の二酸化酸素が低下してアルカローシスとなるのです。

軽症では手足の痺れ、筋痙攣などがみられ、重症では全身の筋痙攣が起こります。

この状態を過呼吸症候群とよび、精神的緊張が強すぎた場合に生じます

。 応急処置として、ビニール袋を用いて自分の呼吸を再呼吸させる方法があります。

また、症状としてはめまいや呼吸困難、意識の錯乱なども挙げられます。

治療としては、医師は原因を突き止めなければなりません。

呼吸性アルカローシスである場合、二酸化酸素濃度を正常に戻すことが必要です。

ゆっくりと深呼吸をすることで、しばしば症状の改善と酸素濃度の調整が図れます。

検査の結果で酸素濃度が低いと分かれば、マスクをつけて酸素を吸入する必要があります。

アルカローシスが化学物質の減少からきている場合、それらの物質を補うため薬剤やサプリメントが処方されると思います。

アルカローシスには電解質の不均衡から起こるものもあり、水分を十分とるか電解質補給飲料を摂取することで改善される場合もあります。

電解質の不均衡が進行したケースは、病院で治療しなければなりません。

一旦、治療が終われば、一般にアルカローシスからは問題なく回復できます。

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

サプリメントの摂取も必要

こんにちは。

トラストワークアウト中目黒の松本です。

昨日のゲリラ豪雨は凄かったですね。

みなさん大丈夫でしたか?

梅雨という時期でもありますので折りたたみ傘は持っておいた方がいいかもしれないですね。

さて本日のテーマはサプリメントについて

一般的にサプリメントといえばビタミン等補助食品であるということを忘れてはいけません。

ビタミンのサプリメントを飲んでいるから野菜を食べなくてもいいということにはならないということです。

かといってサプリメントなんかいらないということにもなりません。

例えばアミノ酸

体内で合成される非必須アミノ酸、体内で十分な量が合成されない必須アミノ酸があります。

必須アミノ酸は9つあり、僕は風呂場悲鳴リストとして語呂合わせをして覚えています。(内容ははしょります)

上記に書いたように必須アミノ酸は体内で十分な量が合成されないので食べ物から摂取をする必要があります。

一般の方が栄養バランスの整った食事を3食摂っていれば不足することはあまりありません。

ただし、成長期のお子様、スポーツ愛好家、アスリートの方は

普通の食事では足りなくなってくることがあります。

こういった時にサプリメントが必要となってきます。

とはいえサプリメントといってもビタミン・ミネラル、アルギニン、クレアチン、BCAA、グルタミン、CLA、カルニチン・・・

等‥腐るほどあります。

今自分の身体に何が必要なのかを見極めるのは非常に難しいと思います。

当クラブでは食事の管理にレコーディングダイエットを採用しております。

何を食べたのかを過去の分も振り返ってみることができます。

本来食事の中から必要な栄養分を摂取する必要がありますが

お付き合い等で飲みが続いた・・・

お友達とのランチでイタリアンに行き、炭水化物が過多になってしまった。

ということもあると思います。

そういった内容を確認して必要であればサプリメントをお薦めします。

御不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

きれいなヒップラインを出すにはヒップスラスト!!

こんにちは!

 

トラストワークアウト中目黒の竹井です。

 

湿度が高く、蒸し暑い日々が続きますね。

水分補給を多めにとり体調を崩さないようにしましょう!

 

さて、本日は、ヒップスラストについて説明したいと思います。

 

このエクササイズは主に臀部に関わる筋を鍛えるためにはかなり有効なエクササイズです。

ヒップラインをきれいにするのみならず、腰痛、膝痛の緩和にもなり、反り腰の方の姿勢改善にも大いに役立ちます。

また、スプリントやジャンプ力向上などパフォーマンスアップにも役立ちます。

まさに一石二鳥ともなるエクササイズです。

 

 

臀部のエクササイズというと、スクワットや、デッドリフトなどが有名かと思いますが、臀部のみに焦点をあてるエクササイズというとこのヒップスラストがかなり有効となります。

 

もちろんスクワットやデッドリフトでも臀部は鍛えられますが、これらのエクササイズにはフォーム習得まで時間がかかり初めのうちはももの前や後ろなどがきき、臀部まで効かせるためには時間がかかることも少なくありません。

 

ヒップスラストも初めはフォーム習得が大変ではありますが、上記のエクササイズより短期に習得でき臀部の効きがわかりやすいエクササイズです。

 

ヒップスラストはこのようなエクササイズです。

 

 

 

 

201672165151.jpgのサムネイル画像

 

 

 

エクササイズ後はお尻が割れるような感覚になります。。。

 

詳しくは、ぜひ一度体験受けて頂いて臀部の効きを感じてみてください!

 

皆様の、ご体験お待ちしております。

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

停滞期の抜け出し方

こんにちは!

トラストワークアウト中目黒の吉田です!

本日はダイエットの大敵、「停滞期」についてお話させていただきます。

ダイエットを経験されている方のほとんどが停滞期の経験はあると思います。

停滞期に陥ると「食事量を減らした方が良いですか?」、「運動量を増やした方が良いですか?」とよく聞かれます。

 

もしすでにお食事に制限をかけていたり、定期的に運動をなさっているのであれば・・・

絶対に極端に食事を減らしたり運動量を増やしたりはしないでください!

 

そもそも停滞期の原因は「ホメオスタシス機能」という身体を一定の健康状態に保たせる反応・機能が働きだすからです。

ある程度の減量に成功すると身体は減量を「異常」と認識し、元の体重に戻そうとする→体重が減らなくなるのです。

 

そんなことより停滞期の抜け出し方の方が大事ですよね!

1)塩分量を見直す

ダイエット中は淡泊な味付けを意識する方が多いと思いますが、シンプルな「塩コショウ」が塩分過多になってしまう場合があります。

塩分を過剰に摂取してしまうと体内に水分を貯め込みやすくなってしまい体重も減りにくくなってしまいます!

 

2)カリウムを摂取する

塩分を見直したうえで、体内の塩分を排除してあげるにはカリウム摂取が効果的です。

カリウムは塩分のもとであるナトリウムを排出する作用があります。カリウムは野菜やフルーツに多く含まれていますので積極的にお野菜も召し上がってみてください!

 

3)タンパク質量を見直す

停滞期に入ると基礎代謝が落ちてしまいエネルギー消費量も減ってしまいます。 お肉、お魚、豆類などのタンパク質は基礎代謝量を左右する筋肉の材料ですし、タンパク質を消化する際に発生する

熱産生(消費カロリー)は炭水化物や脂質の消費カロリーより約5倍もあります!タンパク質の食べ過ぎも良くないですが、身体に必要な分をしっかり取り入れてあげる事は大事ですね。

 

本日は以上3点を紹介させていただきました。停滞期に入ってしまった方、減量を始めたばかりの方、是非参考にしてみてください!

 

トラストワークアウト中目黒 吉田

 

 

当店のサービス内容

パーソナルトレーニング

3ヶ月集中ダイエットコース

加圧トレーニング

20151018172355.jpg

201511615451.jpg

 

理想のカラダづくり専門店

Trust Workout中目黒 

代表取締役:森 智裕

E-mail:info@trust-workout-nakameguro.com

TEL :03-3715-2808

URL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2-7-4 

コートモデリア中目黒 デザイナーズ店舗102号

脂質も身体には必要な栄養素

こんにちは。

トラストワークアウト中目黒の松本です。

急に冷えましたね。

風邪ひかないようにお気をつけください。

さて本日のテーマは脂質。

脂質というとダイエットの敵!

というイメージがありますがそんなことはありません。

極度に摂取を控えると肌がボロボロになります。

脂質といってもたくさんあります。

飽和脂肪酸やら不飽和脂肪酸・・・

ざっくり常温で固形になっている脂質(お肉とか)が飽和脂肪酸

液体の脂質(魚とかアボカドとか)が不飽和脂肪酸です。

さまざまある中でアラキドン酸という脂肪酸を説明します。

このアラキドン酸

体内では生成されない脂肪酸で必須脂肪酸と言われます。

要するに食べ物から摂取するしかないということです。

肉、魚、レバー、卵、そして母乳にも含まれています。

タンパク質が豊富に含まれている食品に多いですね。

なんとこのアラキドン酸

・コレステロール値を下げる

・高血圧の予防

・免疫機能の調整

などとても大切な働きがあります。

洋食が増えてきている昨今

アラキドン酸を過剰に摂取することで

動脈硬化、アトピー性皮膚炎等を引き起こすと言われています。

過度なダイエットをしないと不足しないと言われていますが

アラキドン酸が不足すると脳内での情報伝達が上手くいかず

物忘れをしたり、集中力が低下することがあるそうです。

何事もですが 「適度」に摂取することが大切です。

当クラブでは一人一人の生活リズムに合わせた食事方法をお伝えしております。

脂質の量などPFCバランスを考えて楽しくダイエットしていきましょう!

PFCバランス???

と思った方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

当店のサービス内容

パーソナルトレーニング

3ヶ月集中ダイエットコース

加圧トレーニング

20151018172355.jpg

201511615451.jpg

 

理想のカラダづくり専門店

Trust Workout中目黒 

代表取締役:森 智裕

E-mail:info@trust-workout-nakameguro.com

TEL :03-3715-2808

URL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2-7-4 

コートモデリア中目黒 デザイナーズ店舗102号

アライメントとは?

こんにちは!

トラストワークアウト中目黒の三浦です。

本日はアライメントについてです。

身体のアライメントと整えましょうという言葉を聞いたことがある方も少なくないと思います。

では、それはどういうことなのかを紐解いていきましょう。

まず、アライメントは私生活やトレーニングにおいて、とても大事になってきます。

アライメントとは姿勢などに影響がでる骨や軟骨の位置の事をいいます。

例えば、O脚、X脚などの方をアライメントが崩れているということがあります。

アライメントが崩れた状態にしておくと身体に異常をきたすことがあります。

スポーツ選手ならうまく力を発揮できないなどパフォーマンス能力の低下につながります。

もちろん、一般の方でも支障がでてくるでしょう。

局所的な痛み、内臓の機能低下、代謝、成長の妨げなどの影響がでてきます。

アライメントを整えるためには、ストレッチや筋バランスを整えるなどのエクササイズが必要です。

今日はそのエクササイズ(トレーニング)の部分をご紹介します。

姿勢の良い状態はコアやインナーマッスルが正しく機能している状態と言います。

崩れたアライメントはマイナスイメージを与えるのに対して、整ったアライメントはいい印象を生み出します。

姿勢の維持に関して、見える筋力より見えない筋力の方が強く作用します。

アウターマッスル、表面の大きな筋力を鍛える事は欠かせませんが、同時に体幹トレーニングを取り入れ、姿勢づくりに関わる筋肉群も十分に発達させることも考えるべきです。

インナー・アウターの筋肉バランスが整った状態は結果として、運動制度の高いトレーニングフォームを生み出すので、より効果を望めると思います。

様々の分野に特化したトレーナーが当店にはいますので、是非お問い合わせください。

体験トレーニングも行っておりますので、御連絡お待ちしております。

当店のサービス内容

パーソナルトレーニング

3ヶ月集中ダイエットコース

加圧トレーニング

20151018172355.jpg

201511615451.jpg

 

理想のカラダづくり専門店

Trust Workout中目黒 

代表取締役:森 智裕

E-mail:info@trust-workout-nakameguro.com

TEL :03-3715-2808

URL: http://www.trust-workout-nakameguro.com/

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2-7-4 

コートモデリア中目黒 デザイナーズ店舗102号

トレーナーの資格とは

こんにちは。

トラストワークアウト中目黒の松本です。

ジメジメがすごいですね・・・

しっかり水分補給をしていきましょう。

さて本日は資格について

トレーナーに限らず資格というのはたくさんありますね

国家資格といわれるものから民間の資格までいろいろとあります。

トレーナーの資格でいえば

AT(日本体育協会認定アスレティックトレーナー)

JATI(日本トレーニング指導者協会)

健康運動指導士・健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業財団)

もっとありますが上記の資格は日本のもので取得者が多いのではないでしょうか

しかしアメリカ等海外の資格を含めるともっともっと多くなります。

ATC(全米アスレティックトレーナー協会認定アスレティックトレーナー)

NSCA(National Strength and Conditioning Association)

ACSM(アメリカスポーツ医学会)

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)

NASM(National Academy of Sports Medecine)

等‥

星の数ほどあります。

また上記の協会からさまざまな資格があります。

スポーツの現場などでは資格がないと働けない現場もあります。

逆に資格を持っていなくても働ける現場もあります。

資格を持っているから良い

というわけではありませんが

その資格を取るまでの過程で勉強をしたということはとても重要だと思います。

トレーナー紹介のPOP等取得した資格が書いてあると思うので

ひとつ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ダイエットの強敵であるお酒

こんにちは!

 

トラストワークアウト中目黒の竹井です。

梅雨に入ると同時に、夏が近づいてきており、ビアガーデンや海など野外でお酒を飲みたくなる季節になってきましたね。

 

運動やトレーニング後のビールは格別だと思う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、運動後やトレーニング後の飲酒には様々なマイナス作用があります。

 

 

飲酒は、適量であれば、ストレスの軽減、血行促進、食欲増進などの効果があります。

 

反対に、、多量に飲み過ぎるとエネルギーを生成するためのビタミンB群が不足し、筋肉づくりに必要なビタミンがなくなります。

それだけではなく、アルコールを摂取すると男性ホルモン(テストステロン)の低下、筋タンパク合成の抑制、筋の分解物質の増加、疲労回復の遅延にもつながるため、筋肉を大きくするにはマイナスな作用が多いです。、

 

この時期は、汗もたくさんかき、アルコールは利尿作用もあるため、脱水状態になりやすいです。水分、ビタミン、ミネラルなど意識してとらないと不足しがちです。

 

また、アルコールのエネルギー量は1gあたり約7kcalと高いうえに、筋へのエネルギーではなく脂肪として蓄積される可能性が高いです。

 

 

そのような害があるとわかってはいても、お酒は飲んでしまう、付き合い上飲まなきゃならないなど事情は様々だと思います。

せっかく、ダイエットを一生懸命頑張っていても飲酒の対策がうまくできず成功できない方も少なくありません。

 

当ジムのトレーナーはそのような事情を考慮したうえで、飲みかた、飲んでよいもの、食べ物との組合せなど一番良い提案をさせていただきます。

 

カウンセリングのみですと、無料で行っております。

 

ぜひ、1度相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

トレーナー紹介はこちら

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ページ上部へ