2020年11月

歩行形態の異常に関わる下腿斜角

今回のテーマは「下腿斜角」です。 身体の歩行中の重心の位置によって下腿の傾斜角 違ってきます。重心位置が後方にあれば下腿の傾斜角は後方に大きくなり、 当然背屈制限が大きくなります(つま先が十分に上がらない)。 足部に疼痛…

走運動・ジャンプなどによる下腿の使いすぎによる下腿過労性骨膜炎

骨を覆っている骨膜には血管や神経が多くあり、骨の成長や栄養、再生を助けています。 下腿過労性骨膜炎とは、走運動、ジャンプなどで下腿を使い過ぎたり、硬い床、シューズのために、 脛骨などの骨膜がこすれて炎症を起こす障害です。…

サッカーで起こりえる下前腸骨棘裂離骨折

今回のテーマは「下前腸骨棘裂離骨折」です。 骨折には横・縦・斜・螺旋・剪刀・圧迫・捻転・剥離骨折などの種類がありますが、 下前腸骨棘骨折は、大腿直筋が急にかつ強く緊張することにより、その起始部にある 下前腸骨棘が裂離骨折…