ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ>投球や水泳などに起こりやすい回旋筋腱板損傷
TrustWorkout中目黒ブログ

投球や水泳などに起こりやすい回旋筋腱板損傷

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「回旋筋腱板損傷」です。

回旋筋腱板はソケット状になっており、その中に上腕骨頭を包み込んで上腕骨を

安定させる役割を持っています。腕を上げたり回したりすると上腕骨頭が肩峰の下に

滑り込んで旋回するので、間に挟まれた回旋筋腱板は損傷しやすい構造になっています。

 回旋筋腱板損傷とは、投球や水泳などのスポーツで肩を動かす動作を繰り返した結果、

この回旋筋腱板が壊れて炎症や断裂を起こしたりしたものです。断裂が起こると、脱力感が

あって自分で動かすことができなくなります。いわゆる野球肩や水泳方の代表的疾患です。

ワークアウトにおいても極度の過伸展(ストレッチ)をした際にも起こる可能性がありますので、

関節可動域を十分に理解したうえで、肩関節のトレーニングを行うと良いです。

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.trust-workout-nakameguro.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/514

ページ上部へ