ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ>膝関節の運動の特徴である、回旋不安定性
TrustWorkout中目黒ブログ

膝関節の運動の特徴である、回旋不安定性

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今日のテーマは「回旋不安定性」です。

膝関節には、伸ばす曲げるという直線運動と、内側に曲げる内旋と外側に曲げる

外旋の回旋運動があります。

内旋は0~10°、外旋は0~20°が正常に動く角度です。

内側側副靭帯や外側側副靭帯など、左右のブレを防ぐ靭帯を損傷すると、

回旋不安定性を生じます。

特にこの季節ですと、スノーボードをしている方などで、転倒時に、

靭帯損傷する方も多くいます。もしスノーボードを今年から始める方も

長年経験がある方も、怪我には十分注意していきましょう!

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.trust-workout-nakameguro.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/515

ページ上部へ