ホーム>TrustWorkout中目黒ブログ>2019年3月

2019年3月

回内足の足の変形

今回のテーマは「回内足」です。

踵骨が外反し、足先は外方に回転(外転)している足の変形を

回内足といいます。

通常では踵骨と第1中足骨頭と第5中足骨頭で体重を支持していますが、

回内足では踵骨および第1中足骨頭の2か所で行います。

この状態で長く歩いたり、走ったりすると足部痛を生じやすいので、

インソール(足底板)を使用して矯正します。

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

日常でも良く使われる回内筋

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今日は夕方から都内は雨となるそうなので、夕方に外出される際は、傘が必須です!!

今回のテーマは「回内筋」です。

前腕を親指の方向へひねる動作を回内といいますが、この動きを受け持っている筋肉は円回内筋と

方形回内筋といい、総称して回内筋といいます。円回内筋は上腕骨の上部内側および尺骨の

前面上部から、橈骨の中央外側面に走行する筋で、方形回内筋は尺骨の手首付近前面から、

橈骨の手首付近に付着する筋肉です。このふたつの筋が共働して前腕の回内を行います。

また、手首を思いっきりついたり、衝撃を受けた後など、TECC損傷を起こした場合は、

回内筋の動きで痛みが生じ、困難となります。

 

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

エネルギー供給経路である解糖系

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「解糖系」です。

人間が運動するときのエネルギー供給経路は大きく分けて2種類あります。

ひとつは無酸素の状態でエネルギーを得る経路(アネロビック系)、もうひとつは

有酸素の状態でエネルギーを得る経路(エアロビック系または酸化系)です。

解糖系は無酸素状態からエネルギーを得る経路に含まれます。

 全力運動(ダッシュ走など)を行ったときの運動エネルギーは、まず筋肉のATPが

分解することでエネルギーを得ます。しかし、このATPは数秒で消費されてしまいます。

さらに運動を続けると、クレアチンリン酸が分解されうことによってADPからATPを

再合成しエネルギーが供給されます(ATP-CP系)。しかし、これも8秒程度で消費されて

しまいます。そのたと解糖系と呼ばれるエネルギー供給経路で、筋肉中のグリコーゲンを

乳酸に分解することによってATPの再合成エネルギーを得ることになります。解糖系は乳酸系

とも呼ばれ、疲労物質である乳酸を副産物として生み出します。この乳酸などの代謝産物が

筋肉中にある一定濃度以上蓄積するとそれ以上エネルギー発生の反応が進まなくなってしまいます。

全力で走ると300~400mほど(連続全力運動で40秒程度)で苦しくなってしまい、ほとんど

走れない状態になるのがそれです。それ以降は呼吸を伴う有酸素系(酸化系)によりグリコーゲンや脂肪酸を

酸化してエネルギーを得ることになります。

この過程により、筋力トレーニングの際は、糖質をメインに、そしてそのあとの有酸素運動により、

脂肪が燃焼しやすくなります。

 

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

4月より導入!!全身のコアマッスルを鍛える「オムニボール」

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

久しぶりの更新となりました。

今回はトレーニング用語とは異なり、新導入する「オムニボール」について

記載させていただきます。

オムニボールとは、360度回転ローリングするウエイトボールを使用し、全身のコアマッスルを

鍛えるトレーニング器具になります。

鍛えるだけでゃなく、バレエや新体操などの柔軟性を目的としたしなやかな身体を目指すための

目的とした使用でも可能です。

 

2019311175313.jpg201931117558.jpg

 

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg

ページ上部へ