歩行形態の異常に関わる下腿斜角

今回のテーマは「下腿斜角」です。

身体の歩行中の重心の位置によって下腿の傾斜角

違ってきます。重心位置が後方にあれば下腿の傾斜角は後方に大きくなり、

当然背屈制限が大きくなります(つま先が十分に上がらない)。

足部に疼痛があるときは、痛む側の立脚時間を短くした歩行形態になる傾向があります。

その場合、重心位置は後方に位置し、こうした歩行形態の異常な可動域制限、筋力低下にも

つながります。