歩く、走る動作のキックの動的作用の働きがある下腿三頭筋

トラストワークアウト中目黒の森です。

今年初のブログ記事は、「下腿三頭筋」です。

脹脛(ふくらはぎ)の筋肉のことで、浅部の腓腹筋と深部のヒラメ筋からなります。

腓腹筋は、近位は大腿骨(内側上顆と外側上顆)に起始を持ち、膝関節を曲げ、遠位は

アキレス腱となり踵骨に付着して、足関節を底屈させます。また、ヒラメ筋は腓骨と脛骨の

上部に付着し、遠位は合流してアキレス腱となっています。

これらの筋肉は、足関節の固定筋として、立位姿勢を保持する静的作用(抗重力筋)と、

足関節の底屈筋として、歩いたり走ったりする動作のキックなどの動的作用に働きます。