40歳~50歳の間で起こりやすい肩関節周囲炎(五十肩)

今回のテーマは「肩関節周囲炎」です。

正式名所では難しい言葉ですが、一般的に言われている「四十肩」「五十肩」とも

呼ばれています。

日常生活で最も頻度の高い肩の障害で、肩関節周囲の関節包、腱、筋肉あるいは神経などが、

加齢に伴って何らかの原因により障害を受け、これにともなって肩関節がこわばった状態を

いいます。

40歳~50歳ぐらいの中年男女によく見られます。症状は2~3週間に渡って疼痛が増し、

運動痛とともに夜間痛があり、1~3カ月たつと痛みは軽減し、運動制限が主体となります。

特に内旋、外旋が制限されるので、結髪動作や結帯動作が困難になります。

拘縮時の治療は、体操療法と温熱療法などです。よくなるのには、半年から1年を要するのが

殆どです。