リスフラン関節が原因による、開張足

足部の横アーチの構造がくずれ、前足の横径が大きくなった状態をいいます。

原因はリスフラン関節の外傷や筋力の低下によるもので、この結果、前足の部分にかかる負担が

増し、体重をかけたり重心移動をすると痛みを生じます。開張足にともない足の縦のアーチ構造も崩れ、

偏平足や外反母趾が同時にみられることが多いのが特徴です。

足底挿板やテーピングなどで矯正をします。タオル・ギャザーなどで筋力強化を図ることも重要です。