エネルギー基質

生体エネルギーのもととなる物質を持つ分子のことを言い、

フォスファゲン(ATPとクレアチンリン酸)、グルコース、グリコーゲン、

乳酸、遊離脂肪酸、アミノ酸などがあります。

これらは運動強度や継続時間に応じて選択的い消費されます。

長時間運動を行い、疲労を感じるときには、フォスファゲンやグリコーゲンが

減少していると考えられます。

これに対し、遊離脂肪酸、アミノ塩、アミノ酸などは運動を継続するのが困難になるほど

減少することはありません。

選手にとっては、フォスファゲンやグリコーゲンをいかに補給するかが、運動を行う際の

重要なポイントとなります。