カルボキシル基

COOHと表記される、タンパク質・脂肪・酢酸・ビルビン酸・クエン酸・ビタミン類など、

様々な有機化合物のもととなる物質です。

水中では水素イオンを放出し、酸の性質を帯びるのでカルボン酸、或は脂肪酸とも呼ばれています。