感覚神経

知覚神経ともいいます。体に刺激が加えられると、その刺激に対応する特別の機関で受け取れられ、

知覚神経の末端の興奮を引き起こします。その興奮が求心路を経て大脳皮質の感覚領野にいたり、

自覚的な意識体験となることを「感覚」と呼びます。

感覚には類と質があり、光感覚は一つの類で、赤・青などの感覚お差異は質の相違です。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・平衡覚などはカラダの一部にのみ受容器が存在するので「特殊感覚」と呼び、

快・不快の感覚など特殊な受容器に帰せないものを一般感覚と呼びます。

皮膚感覚・深部感覚を体性感覚、内臓に関する痛みなどを内蔵感覚と分類することもあります。