運動を行う時に重要な運動強度

皆さん、こんにちは、

トラストワークアウト中目黒の森です。

今月初の更新となってしまいました…

今回のテーマは「運動強度」です。

運動の処方あるいは指導を行う時には、どの程度の強さの運動を、

どのくらいの時間(持続時間や頻度)を行うかという条件を考慮

しなければなりません。この時の「どの程度の強さの運動」という条件が

運動強度です。

運動強度は単位時間あたりの運動量で表されますが、これに運動時間を

かけると、「総運動量」が算出されます。実際のトレーニングの目安としては、

①心拍数、②パーセント最大酸素摂取量(%CO2max)、

③主観的運動強度(RPE)、④エネルギー代謝率(RMR)、⑤メッツ(METS)

⑥荷過負荷(%1RM)などが用いられます。

また運動強度は筋肉をつける目的(筋肥大・筋持久力)などによっても
異なってくるので、しっかりとした目的をもって行うことが、

効果的な方法となります。

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg