腹式呼吸が行われる横隔膜

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「横隔膜」です。

胸腔と腹腔の間を分ける筋肉の膜です。上方凸型のドーム状をしており、

この膜の上下運動で「腹式呼吸」が行われます。

横隔膜が下がると胸腔内圧が陰圧となり外気が肺に取り込まれ(吸息)、

上がると胸腔内圧が陽圧となって肺の空気が外に吐き出されます(呼息)。

通常の呼吸は、横隔膜だけでなく、外および内肋間筋による胸郭の運動も

ともないます。

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg