使い過ぎ症候群のオーバーユース症候群

こんにちは、トラストワークアウト中目黒の森です。

今回のテーマは「オーバーユース症候群」です。

人間のカラダの各器官には各々に生物学的な強度があります。

通常の日常生活ではこの生物学的強度の範囲内で体を使っているので安全

なのですが、労働やスポーツ活動などで、この安全範囲以上に体を使用し続けると、

ストレスが蓄積され、様々な障害をきたしてしまいます。これらの障害を総称して、

オーバーユース(使い過ぎ)症候群といいます。

 特にスポーツ活動でみれれる障害は、オーバーユースであることが多いとされ、

例えばテニス肘、野球肘、野球肩、ジャンパー膝、ランナー膝など、種目ごとに

「過使用」される部位や動作に特徴があるため、このような名称で呼ばれています。

ストレスの量は、運動の強度、運動時間、頻度からみた運動量によって決まります。

運動時間が短くても運動強度が高いと、障害発生の可能性は高くなります。

 

当サービス内容

・3ヶ月集中ダイエットコース

・パーソナルトレーニングコース

・加圧トレーニングコース

・ジュニアコース

・アスリートコース

 

2015617205854.jpg

201511615451.jpg